2013年09月05日

看板基礎工事

こんにちは

加古川のデザイン看板(株)美広社です。



昨日は台風接近?通過で すごい雨と雷でしたね。

最近大気不安定ですね、、、社長も天気予報とにらめっこで 施工日程組です。




そんな中、先日JA兵庫南カンキ店様の大型野立て看板が設置されました。




今回はせっかくなので、看板の基礎工事からお伝えできれば〜!と

普段なかなか基礎なんて目にすること ないですよね!

日の目をみる看板に対して 基礎は縁の下の力持ちです+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+


看板を建てる上で最も重要な基礎!

何年も屋外で雨風に 耐えしのぐ看板を しっかりと支える基礎です。




まずはお盆明け

基礎工事初日です。

まだ残暑厳しい 時期でしたね。



最初に現場で位置を決め 基礎の大きさどおりに印つけていきます

そして ドリルでドコドコ....と


DSC04625.jpg



手作業なども加え

DSC04624.jpg



じゃ〜ん!重機登場!

掘削作業に入ります。



DSC04629.jpg

仕上がりが、図面通りの大きさかもチェック!




そして 掘削した穴に 砕石を入れ




DSC04666.jpg




組立てられた、鉄筋を入れます。

DSC04676.jpg



そして 最後に生コン導入!


DSC04684.jpg



コンクリートを平にしたら 後は乾くのを数日待ちます


DSC04688.jpg




さてさて 今回の野立て看板は 変形看板です。


次回のブログで 看板本体の設置をお伝えしま〜す!




野立て看板のご用命は 加古川のデザイン看板(株)美広社まで

お気軽にお問い合せ下さい。




ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 看板・サインへ   にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ








posted by スタッフブログ at 14:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 野立て看板
この記事へのコメント
これは彼が満足しないでただイタリアだけに制覇するので、ストライキングのフランスの高級なレディスの財布界がパリの時出した1つの財布の専門のシリーズに進出することを決心します。彼はイタリアの風格をパリに取り入れて、同時に人々に2種類の財布設計の相違を展示しました。フランスのきめ細かくて精致なこと、上書き保存の外観と比べて、イタリアの財布の更に重い写意。ブランドコピーは真っ白くてあっさりしていあるいはあでやかに蛍光を持ったのなのに関わらず、すべてぱっと光り輝くファスナーと透明なことを飾って相当して役に立つ人になって、1種の純粋な享楽主義の息に満ち溢れていて、これは前世紀以降20年来がで、西方社会は近代化して高く発展した後の社会の主流の意識に発生します。ブランドコピー
Posted by ブランドコピー at 2014年02月25日 11:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73678561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします♪ にほんブログ村 その他生活ブログ 看板・サインへ   にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ